• タイムカードと勤怠管理システム

    一昔前の勤怠管理と言えば、1ヶ月の前半と後半が表裏一体になったタイムカードを専用のタイムレコーダーに通し、それとは別に紙ベースの勤怠表にも記載し、責任者からの押印をもらい、それにより残業や休日出勤が認められる、というものでした。



    しかし、IT化が進んだ現代では、従来のタイムカードではなく、パソコン上で管理ができるタイムレコーダーやICカードで打刻したものを、クラウドで集計する、という形式が珍しくなくなりました。

    NAVERまとめを知ろうと思っている人にお勧めの情報をお届けします。

    もちろん、企業によっては従来のタイムレコーダーによる勤怠管理を行うところもまだまだ多くあります。


    実際、オフィス用品販売店では紙のタイムカードを使用するタイムレコーダーの需要が根強く、まだまだ種類も抱負に取り扱って販売されています。


    勤怠管理システムの利点は、何よりも集計の正確さと速さです。そして、各従業員がクラウド上で残業を申請し、責任者が承認する、賃金の締め日を過ぎたら集計のみ、という経理担当者にとっては利便性の高いものでしょう。


    各従業員が各自で勤怠を把握することにもつながり、紙ベースで行う際に、勤務時間の集計ミスや残業手当、休日出勤手当、有給管理などを見落としする確率はグンと減ることでしょう。



    スマートフォンも普及し、今では仕事をする上でパソコンを扱えることが当たり前になってきたことで、勤怠管理の方法も少しずつ紙ベースのタイムカードから、勤怠管理システムへと比重が変わっていく日も近いかもしれません。