• 勤怠管理に便利なタイムカード

    タイムカードは、タイムレコーダーに紙を入れて勤怠管理を容易にすることができるものです。
    出社や退社の時間を正確に記録することができるため、間違いのない勤怠管理を行うことができます。


    タイムレコーダーは安いものでは1万円台で購入することができますし、タイムカードも300枚セットで3000円ほどです。



    そのため、コストをかけずに管理することができます。
    さらに、勤怠管理が楽になるものもあります。
    それは、タイムカードに物理的に印字をして管理をするのではなく、ICカードを利用して管理するものです。
    これは、タイムレコーダーにICカードをかざすと、その記録がパソコンに送られる仕組みになっています。紙で管理する場合、最終的にはそれをまとめなくてはいけません。

    その際には、今ではほとんどがパソコンにデータを打ち込むことになります。

    BIGLOBEニュースについての詳細な情報を知りたいならおオススメのサイトです。

    つまり、最初からICカードをかざした時の時刻がパソコンに送られるタイムレコーダーは、その手間を省くことができるため、管理コストを大幅に下げることが可能となります。


    このように、直接パソコンにデータを送ることができる方が、打ち間違えのリスクを回避することができますし、管理コストが大幅に下がります。
    ただし、その分タイムレコーダーの価格は高いため、小規模の個人事業主などがわざわざ導入する必要は有りません。

    導入したほうが良いのは、たくさんの従業員がいる職場です。



    数が多いと管理も大変になるからです。