• タイムカードと勤怠管理システムを比較

    タイムカードには、手軽に導入できて、コストがかからないというメリットがあります。



    勤怠管理システムの場合、コストがかかることがネックとなるでしょう。

    エキサイトニュースサイトを今すぐ確認してみましょう。

    高機能なシステムを導入するとなると、初期費用だけでも20万円以上かかることがあります。



    しかし、タイムカード自体にはコストはほとんどかからないものの、月に一回集計をするために、人件費がかかるということは見逃せないポイントです。

    人件費として月に2万円程度がかかるならば、勤怠管理システムのほうがコストを節約できる可能性もあります。勤怠管理システムでもさまざまなサービスが存在しており、中には初期費用がゼロというものもあります。


    それどころか、30日〜120日くらいの無料期間がついていることもあり、大変お得に利用ができるケースもあります。

    クラウド型のものなら、特にソフトなどをダウンロードする必要もありません。

    機能がシンプルな勤怠管理システムの場合、1ユーザーあたり200円〜300円くらいとなっていることもあります。
    人件費なども含めると、トータルのコストではこちらのほうがメリットがあるかもしれません。

    不正のしにくさなども、総合的に比較するようにしておきましょう。

    総合的には、どちらのほうがメリットがあるかということは、ケースバイケースとなるので、それぞれの職場の状況などに応じて決める必要があります。
    パソコンやインターネットに接続された環境がなくても使えるという点で、タイムカードの需要がなくなるということはないでしょう。