• 勤怠管理の基本ツールであるタイムカード

    企業における勤怠管理の仕組みにタイムカードを採用しているケースは非常に多くなっています。



    この理由として良く挙げられるのは導入コストの低さです。タイムカード自体は紙でできていますので消耗品にはなりますが非常に安い金額で購入することが出来ますし、時刻を打刻するレコーダーについても安価に販売しているモデルがいくつでもあります。

    goo ニュース情報をお伝えします。

    そのため特にこだわりが無いのであれば最も素早く安価に導入することが出来る勤怠管理の仕組みとして選択されやすい状況にあるのです。

    この様なタイムカードによる勤怠管理が適当であると考えられるのは概ね100名程度までの従業員の管理をする場合であると言えます。

    このくらいの規模の管理であれば毎月のカードの管理や把握も不可能ではありません。


    しかしながらこれよりも多くの人数を管理するようになってくると非常に手間暇がかかってしまうというのが難しい部分になってくると言えます。
    特に大規模な工場や商店などにおいては非常に多くの従業員の管理を必要とするため、カード以外の管理方法を検討する必要があります。


    しかしながらそのようなケースは稀なものですので大多数の企業にとってはタイムカードによる勤怠管理が可能であると言えるのです。タイムカードのシステムにも様々な選択肢が存在しており、打刻した情報をエクセルベースでデータ化することが出来る機能を持つレコーダーも販売されていますので、必要な機能を精査したうえで機種選定を行えば、希望を満たすことの出来るモデルを見つけることが出来ると言えるでしょう。



  • ITをもっと知る

    • 一昔前の勤怠管理と言えば、1ヶ月の前半と後半が表裏一体になったタイムカードを専用のタイムレコーダーに通し、それとは別に紙ベースの勤怠表にも記載し、責任者からの押印をもらい、それにより残業や休日出勤が認められる、というものでした。しかし、IT化が進んだ現代では、従来のタイムカードではなく、パソコン上で管理ができるタイムレコーダーやICカードで打刻したものを、クラウドで集計する、という形式が珍しくなくなりました。...

  • ITの特徴紹介

    • タイムカードには、手軽に導入できて、コストがかからないというメリットがあります。勤怠管理システムの場合、コストがかかることがネックとなるでしょう。...

  • ITの重要知識

    • タイムカードは多くの企業にとって最も身近な勤怠管理の手段の1つです。導入コストが非常に安く済ませることができるため、小規模な事業所においては圧倒的な視野を持つ勤怠管理の方法となっています。...

  • ITの事柄

    • タイムカードは、タイムレコーダーに紙を入れて勤怠管理を容易にすることができるものです。出社や退社の時間を正確に記録することができるため、間違いのない勤怠管理を行うことができます。...